地域活性化=商店街Wi-Fi?

地域活性化=商店街Wi-Fi?

Wi-Fiを活用した地域活性化のお話を多く受けてきました。
商店街のフリーWi-Fi化などです。
10年以上前、まだケータイ電話の通信速度がWi-Fiに比べてはるかに低速だった時代には、フリーWi-Fiを求めて人々が集まる時代がありました。

確かに商店街のWi-Fi化は、安価なブロードバンドコネクティビティの提供によって人々をその場所へ集める効果がありました。
しかし、4Gが普及して以降はケータイ電話の通信速度が格段に向上したため、ブロードバンド性を求めてフリーWi-Fiを利用する人は少なくなりました。

昨今は、「ギガ消費を節約するため」にフリーWi-Fiを求める人が多くなりました。
つまり商店街Wi-Fiは、「切要」な存在から、「こぼれ幸い・儲けもの」な存在へと変化したのでした。

これからの地域活性化はIoT

これからの地域活性化はIoT

さて、ブロードバンド通信網の整備は道路網整備や鉄道網整備と似ています。60~70年代の高度経済成長期の中心的施策に、道路や鉄道といった社会資本の整備がありました。

商店街Wi-Fiは、いわば「標準的無線通信規格に基づく自営の地域公衆無線通網」ですので、立派な社会資本と言えます。

では果たして今後も「商店街Wi-Fi」が地方を活性化し、経済成長を支える一助となりえるのでしょうか?

問題は、商店街Wi-FiのようなICT社会資本を使って何をやるか?に掛かっていると思います。スマホのためだけの通信網であれば、キャリアが提供する4Gや5Gがあります。

鍵はIoTにあります。

何もかもがデジタル化していくこれからの社会において、IoT、すなわち現実世界のあらゆるものがインターネットに繋がりバーチャル空間と連携することの重要性はどんどん増していくでしょう。

IoTの2つの型

IoTの2つの型

ここでは、IoTをナローバンドIoTとブロードバンドIoTの二つに分類してみたいと思います。

ナローバンドIoTの応用例としては、ガスメータや電力メータ等の遠隔管理のためのスマートメータ、パーキングメータ、水位計、GPSトラッカーなどがあげられます。

いずれも、送受するデータの量が少ないことが特徴です。

ナローバンドIoTの実装には、セルラー回線を活用した格安SIMサービスや、LPWAと呼ばれる通信速度は低速であるものの長距離伝送が可能な無線通信システムが活用されてきました。これに対して、ブロードバンドIoTは、文字通りブロードバンド回線を必要とするIoTサービスです。

これまでは主としてナローバンドIoTの普及が先行してきました。

なぜなら、ブロードバンドIoTでは、大量のトラフィックを送受するための通信網の構築費用が高額であったり、セルラー通信を使う場合は月々の通信料金が高額であったため、導入までの敷居が高かったことが理由として挙げられます。