エッジコンピューティング

デジタルツインプラットフォーム

デジタルツインプラットフォーム

IoT、AIなどのテクノロジーによって、現実の世界から収集したデータをベースに仮想空間でその現実世界を表現する、「デジタルツイン」の社会が徐々に実現しつつあります。
そのような社会では無線でのインターネット環境が不可欠であり、弊社独自の無線メッシュネットワークテクノロジーがあらゆるところに無線WiFi環境をケーブルレスで提供します。また、それぞれの現実の世界からはネットワークカメラやセンサーが導入され、膨大なデータがクラウドに送信されるようになり、通信コスト、リアルタイム性などが課題となり、エッジ側でのデータ処理が求められています。

このようなデジタルツインにおける課題においても弊社がアプリベンダーとのエコシステムを通してエッジソリューションを提供していきます。

アプリケーションを動作できる環境を提供

PicoCELAはエンタープライス無線メッシュ機器を 活用してエッジでアプリケーションを動作できるの環境を提供します。
エンタープライズ向け無線メッシュPCWLに アプリケーションを実装することで、現場から送信されるさまざまなデータをPCWL機器内のアプリケーションで、 データ処理、データ送受信が可能となります。
ユーザーは、既存のWi-Fi環境を活用して、また、 アプリケーション開発者は通信周りを気にせず、エッジ向けに アプリケーションを開発してPCWL上に実装できます。

アプリケーションを動作できるの環境を提供
構成

構成

弊社のエンタープライス無線メッシュ PCWLは工場、建設現場、倉庫、アミューズメント、テーマパークなどあらゆるどころで快適な無線LAN環境を提供しています。 PCWL上に、PCWLに接続されたデバイスから送信された、画像データやセンサーデータを処理するアプリケーションを直接、または、PicoManager®から(予定)デプロイできます。
また、アプリではなくアプリケーションベンダーが提供するハードウェアで提供される構成もあります。

Benfit

Benfit

導入ユーザー

・ PCWL上で実現可能なエッジソリューションを展開可能
・ 既存の弊社PCWL環境を利用することで導入負担の軽減
・ PicoManagerでアプリケーション管理が可能(予定)

アプリケーションベンダー

・ IoTやAIソリューションサービスを弊社PCWLのお客様に展開可能
・ 専用のハードウェアを用意することなく、PCWL上にアプリケーションのみ実装可能
・ 通信部分などを気にせず、アプリケーション開発にフォーカスできる